スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

『引越先の湿気対策』

本日の横浜は雨。
シトシトというよりはザーザー降っております。もう沖縄は梅雨入りしてますもんね、関東も来週くらいには入梅でしょうかね。

さて、お引越の繁忙期も終わり、ゴールデンウィークも終わって一段落な今日この頃。
この時期は梅雨時のお引越に関するお問い合わせ、ご相談が入ってきます。
どんな内容かというと・・・

『引越先の湿気対策』

これです、これ。
湿気はねぇ〜困りますもんね。
では具体的に湿気対策とはどんなことなのかというと、ご家庭でも良く使われている除湿剤・乾燥剤などももちろん有効なのですが、お引越の時は家具などを搬入する前のお家の中に対策を施せるので、このタイミングでなければ出来ない事をしておきたいですよね。

業者さんに相談すると床下調湿剤などを教えてもらえますが、戸建なら導入できても集合住宅では難しいですよね。また、畳の下やカーペットの下に敷くタイプの調湿剤なども、ご家庭でさくっと出来るかというとこれもなかなか難しい。
そこで最も簡単で基本的な対策方法を。

『搬入前、数時間程度、窓を空けて換気する』

これだけです。
意外とやられてない方が多いんですよね、これ。
通常、お引越先はどなたも住んでいない空室状態になっているので、事前に管理会社や不動産屋さんが気を利かせて換気をしておいてくれたとしても、お引越当日ではない事が多いですよね。
お家というのは、人が住んでいれば空気の出入りが発生するので、室内に溜まった湿気がその度に多少なりとも出入りします。これが入居前のお家では発生しないので、どうしても湿気が溜まったままの状態になり、床、壁、天井などの部材に入り込んでいます。

そこで、お引越当日、家具・家財が搬入する前の出来れば3〜4時間程度、窓を空けてしっかり風を通して換気しておくだけで、こういった湿気を取り除くことが出来るんですね。
また、前のお家から搬出した家具・家財は、搬出した際に外気に触れますが、ここに湿気が溜まってることもありますので、お引越元でダンボールの箱詰めをする際などは、木製の家具にぴったりつけてダンボールを積み上げたり、ダンボール同士を密着させて積み上げたままにしておくとどうしても湿気を抱え込んでしまいます。梱包したものをまとめておくスペースに多少なりとも余裕があるようでしたら、ダンボールを積み上げた状態のそれぞれの列の間に隙間を空けるようにしておいた方がよいと思います。

ぜひお試し下さいです〜。

JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | 引越屋さんの世間話 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

ゴールデンウィークもお得にお引越しを!

軽トラックから4t車まで、お客様のお引越しに合わせてオーダーメイドのお引越しをご提案!
キッチンが二階にあるお家への冷蔵庫搬入なども対応〜クレーン作業や人力吊上げ・吊り下ろし、ぜひご相談下さい!
 
引越しはファミリア引越サービスへどうぞ!

JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | お得な情報! | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

引越しの日が雪だったら。。。

そうなんです、あるんですよね、雪の日のお引越し。
私自身、これまで自宅の引越しをかなりやっているのですが、その中でもありました、大雪の日のお引越し。

今から十年くらい前だったかなぁ、大雪大雪(笑)。

前日の夜から降り始めた雪が、引越し当日の朝には辺り一面銀世界になっておりまして。
念の為に引越し屋さんに電話してみると、

「今日は中止にさせて下さい」

の一点張りで、じゃあいつ?と聞いてもわかりませんばかり。
まぁこの大雪じゃ仕方ないよなぁと思いながらも、天候や路面状況が回復してからいつ引越ができるのかを決めなきゃならない。
どうにもならなくて困っていたところ、知り合いが、

「赤帽に頼んでみたら?」

と一言。
赤帽?赤い帽子をかぶったみたいな、軽トラックの運送屋さん?
物は試しと電話してみたところ、なんとその日の夕方に来てくれて、ささっと積み込み、そのまま引越し先へ到着、あっという間に搬入完了。。。改めてプロは凄いなあと思いましたが、話を聞くと、この雪を予想して、昨日の昼間のうちにチェーンやスノータイヤに履き替えて用意しておいたとのこと。いやいや、ほんと素晴らしい対応でした。
そう考えると、最初に頼んだ某引越し屋さんは断るばかりで何も救いの手を差し伸べてくれなかったなぁと。
今思えば、赤帽さんはお客さんの要望に応えるのはもちろん、プロとしてしっかり備えてくれていたんですね。
以来、小さい引越などは赤帽さんにお願いしていました。

そして今、自分が引越し屋さんにいて思うのが、この辺の対応についての臨機応変さ、準備の手際の良さ。手前味噌な話ですが、ファミリア引越サービスでは早めにスタッドレスタイヤに履き替え、雪の予報が出ればチェーンの用意、大雪の予報が出れば対応すべく手段を手際よく整えてます。
何を隠そう、ファミリア引越サービスは赤帽一台から始まった引越専門の会社なんです。そう、私の好きな赤帽さん。。。

この冬も大雪になる予報があちこち出ています。
もちろん、安全第一なので、本当に危険な場合はお客様にご相談させて頂きますが、可能な限り大雪などの天候にも対応できるよう頑張っております。その上で安全第一。備えあれば憂いなしですね。

スタッフたちも健康管理に気を抜かず、しっかり努めてまいりますので、今後共どうぞ宜しくお願いいたします〜。

JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | お得な情報! | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

1月のお引越しはお得なんです。

新年を迎えて一週間が経ちましたね〜。
この時期、3月の繁忙期へ向けてお客様からのお問い合わせも多くなってくるのです、はい。
事務所も営業スタッフもお見積りやお問い合わせで大忙しなのですが、実はお引越し件数自体は少なめになるのが1月の特徴なんです。。。

なのでね、この時期は車両のメンテナンスやお引越し作業に使用する資材などの整備をしたり、繁忙期へ向けての準備を粛々と進めております。車両もね、大事に使ってしっかりメンテナンスしてあげれば20万キロ〜30万キロ走っても快調〜に使えるもんなんです。そしてもちろん、年末年始に身体のメンテナンスをしたスタッフ一同、元気いっぱいで日々頑張っております〜。

さてさて、そんな年始の私。
毎年恒例になっております相模湖プレジャーフォレストのイルミリオンを観に行ってまいりました〜。
今年は500万球と聞いていましたが、行ってびっくり、明らかに去年よりもとんでもなく綺麗。動物やイルカなどを型どったイルミネーションなんかも、去年よりも鮮やかにくっきりしていて、草原や大海原を模したイルミネーションは圧巻。とにかく凄かったです。せっかくですので、少々写真を公開しますです〜。
 
相模湖プレジャーフォレスト
相模湖プレジャーフォレスト
相模湖プレジャーフォレスト

イルミリオンの詳細は相模湖プレジャーフォレストのイルミリオンのホームページをご覧下さいね。
開催期間は2015/4/12までとのこと。もう少し暖かくなってから行ってもいいですね。

さ、本日も頑張りましょ〜。

JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | 引越屋さんの世間話 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

2015年もあと364日。。。

おはようございます。
あけまして二日です。
今日の横浜は快晴、雲ひとつない青空が広がっております。

さ、2015年もあと364日ですよ(笑)。
2016年の今頃にお引越しを考えている方々、何かわからないことがありましたら、いつでもどこでもお気軽にご相談くださいね〜。
ファミリア引越サービス | 引越屋さんの世間話 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ファミリア引越サービス スタッフ一同
ファミリア引越サービス | 引越屋さんの世間話 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

本日、仕事納めでございます。

本日12月30日にて今年は仕事納めとなります。

毎年思いますけど、一年なんてあっという間ですよねぇ。
今年は特に早かったなぁ〜と毎年思ってます(笑)。

そして毎年恒例、12月30日が私の仕事納めとなるのです。。。

今年はね、結構早い時期からいろいろと下準備を進めておいたので、サーバやら社内システムやらの手入れは順調に進み、不具合もない感じ。よっしゃよっしゃ。これが無事に全て終われば何も気にせずお正月を迎えられるのですけどね、ここで何か出てきてしまうと大変。この時期、みんな年末年始のお休みに入っているので、部品が必要とかなるとどうにもならない。。。しかも事務所機能がお休みになってる間に全ての問題を解決しておかなければならないので、お正月なんてぶっ飛ぶわけです(笑)。
幸い、今まで一度も大きなトラブルが発生していないので、今年もこのまま問題なくいけるでしょう。日頃からメンテナンスを欠かさないおかげ、そう私のこつこつちまちま作業のおかげです・・・誰も褒めてくれないので自画自賛(笑)。

そうそう、年明けのお引越しを1月3日からご予約頂いておりますので、つい先程、作業開始時間のご連絡をさせて頂きました。
事務所機能がお休みでも、大晦日〜三が日もお引越しのご予約を頂いているんですね〜私ども。ありがたいお話です、本当に。

2014年もあと36時間を切っとります。もうすぐ2015年です。
2100年まであと85年となりました。
3000年まで985年です。
そんな遠い未来、お引越しなんていう物理的な居住空間の移動なんてあるのかしら。
どこでもドアが当たり前に使われてるかもしれないし、そもそも人間という生物が存在してるかどうかもわからないですもんね。

もし、3000年になっても“お引越し”というものが存在していたら、私どもでお手伝いさせて頂いたたくさんのお客様のご子孫様たちにもぜひご利用頂きたいなと思いを巡らせる今日此の頃、お正月らしい澄み切った青空を眺めつつ、仕事納めとさせて頂きます。

本年も皆々様に大変お世話になりました。
ありがとうございました。
新年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

株式会社ファミリア引越サービス
スタッフ一同



JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | IT担当者のお仕事 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

3月のお引越しについて少々お話を。

12月29日です。
今年もあと3日ですよ、3日。

もう仕事納めされてる方も多いこの時期、もちろん私はお仕事しとります。事務所でちまちまこつこつやっとりますです、はい。
年末年始は一年間で唯一、事務所機能がお休みになる時期なので、このタイミングで社内システムやらサーバやら、あちこちメンテナンスやアップデートをして繁忙期に備えるのが毎年恒例の私業務。これがね、結構ヘビーなのでねぇ。ま、それでもここでしっかりやっておけば、大忙しの繁忙期に安心して業務に専念できるのです。頑張るです〜。

さて、ここで本日のお題、

「3月のお引越しについて少々お話を」

に入りましょ。

世の中的にも年度末となる3月は何かと大忙しになるのですが、引越業者はこの繁忙期がとってもとっても大忙しになるのです。
お客様から“どのくらい忙しいの?”と訊かれることもありますが、簡単に言ってしまえば年間の売上の20〜30%程度にあたる売上が、この3月〜4月前半に集中するという感じなんですね。
で、これは実際のお引越し作業に関してのことでして、事務所はこの時期のお見積りが集中する1月中旬くらいからとんでもなく忙しくなります。

そりゃもう、電話はずっと鳴りっぱなしになり、パソコンにもインターネット経由の問い合わせが山ほど届いて、ご飯食べる暇もなく〜となるのです(笑)。

が、しかし!

↑の様な状況は一昔前のこと。
今はね〜問い合わせの件数としては以前より格段に増えていますが、受付・対応体制を整備してありますので、忙しいとは言ってもスムーズに処理できるようになりました。ほんと、社内システムが円滑に動いてくれるのって素晴らしいです〜。

ではなぜここで“3月のお引越しについて少々お話を”なのかと言うとですね。。。

この時期、よく問い合わせがあるのは、

“3月の引越しはもう予約がいっぱいですか?”

というお話。
他社さんに問い合わせをしたら、3月の引越しはいっぱいなので・・・と断られたということなんですね。
そして私どもにお問い合わせを頂いたという、ありがたいお話。

そう、私どもファミリア引越サービスは、余程のことがない限り、

予約がいっぱいで受け付けできません

ということはありません。
これはですね〜本当なんです。

では、なぜ他の業者さんがいっぱいになっていても、ファミリア引越サービスは受けられるの?という疑問が起きますよね?
答えは簡単。

社内システムで数ヶ月先までの予約状況を管理し、可能な限りお客様のご要望にお応えできるよう、臨機応変、常に体制を整えながら日々の業務を処理しているからなんですね。
予め過去の実績から件数の見込みを考え、車両も増車、人員は常に補強、様々な状況を整えながら用意していくからこそ、この体制が可能なんです。頑張ってるんです、ほんとに。
ですのでね、予約がいっぱいだからと他社様に断られた〜なんてお客様、急ぎのお引越し、当日のお引越しなんていうケースでも、可能な限りお応えできるよう整えて参りますので、どうぞご相談下さいね。

そうそう、ご家族のお客様などで3月のお引越しに際して訪問見積もりをご希望の方、1月の半ば頃から受付可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい。

さ、今日もお仕事頑張って、年末年始は死んだように寝まくって体力を温存しなければ〜。



JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | 引越屋さんの世間話 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

インフルエンザの季節でございます。。。

やられました、インフルエンザ。。。

先週末、息子が熱を出したのですぐにインフルラボで調べてもらったところ、インフルエンザではなく普通の風邪とのことだったので一安心。

と、思いきや!

その風邪がうつっただけだと思っておりました私、同居している母がこれまた風邪の症状が出てきたので調べたところ、なんとインフルエンザの診断が〜。歳も歳なので大事をとって・・・というか、もう私一人では手が足りないこともあり、入院させることに。その頃、息子は体調が回復してきたので学校へ行かせて、母の入院手続きやら何やらしておりました私、看護師さんから、

「あら?なんでそんな赤い顔してるの?」

と言われ、念のためにインフルエンザの検査をしてみると・・・A型に感染しとりました(笑)。

すぐに診察を受けて発症した時期を遡って考えていたのですが、そういえばなんか熱いなぁと思っていたのが二日前。そう、発症してから48時間なんてとっくに過ぎておったのですよ。なのでタミフルは使えない。こうなると対処療法しかない。。。うぅ。。。

インフルエンザにかかったのは数年ぶり、と言うか、たぶん十数年かかってないと思うんですよねぇ。それがいきなり41度の高熱(笑)。ほんと、へろへろなりましたです。いやいや、油断大敵ですね、気をつけないと。

年末、休んでるわけにもいかないので、念のためにもう一度検査をしてもらったところ、ようやくインフルエンザのウィルスがいなくなったので、本日より出社しとります。危うく年末年始を寝込んでしまうところでした。はぁ〜よかった。

皆様、予防接種は重要ですのでね〜早めに対処しておきましょう。

そうそう、富士フィルムさんのインフルラボという、インフルエンザへの感染を早期に発見できる検査はとっても助かりますので、“あれ?もしかして?”と思われる方は早めに検査してみて下さいね。

富士フィルム株式会社
インフルラボ
http://influlab.jp/

さ、本日もがんばってお仕事しましょ〜。


JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | 引越屋さんの世間話 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

引越し屋さんのトラックと道幅の関係???

引越し屋さんのトラック〜

本日の横浜は冷た〜い雨が降っております。
寒いです。

さて、時々頂く質問にこんなお話があります。

“引越しに使うトラックっておっきいの?”

です。
はい、よく聞かれます。
そしてトラックの種類などもよく聞かれます。
ほんとよく聞かれます。

なのでご紹介!

弊社の車両はホームページスマートフォンサイトでご紹介していますが、ここではもう少しイメージがわきやすいようにご説明しますね。
あ、最後のほうにトラックの大きさと道幅の関係についてご説明しますので、できれば最後まで読んで頂けるとありがたいです。。。

赤帽車
まずは赤帽車&軽トラック車。
小さなお引越し、家具やダンボールを数点だけ運んで〜などという時に使うことが多いのですが、お引越し元やお引越し先の道幅の関係で、小さい車両を使う必要があるときなんかにも活躍しております。
小回り利きますからね〜営業スタッフがお見積りにお伺いするときなどもよく使っております。ほんと、軽自動車って便利です〜。

2tショート車
続いては2tショート車。
荷室の床面積は畳3帖、高さは弊社の2tショート車では210〜220cmもあります。単身の方のお引越しなどでよく使いますが、6〜7帖のワンルームに一式が収まっているお部屋などは、ちょうどぴったり収まることが多いですね。

2tロング車
お次は2tロング車。
荷室の床面積は畳4.5帖くらい。高さは弊社の2tロング車では214cm〜220cmくらい。高さの違う車両を数台用意してありますので、高さ制限の対応も柔軟にできますね。この車はお二人住まいのお引越しなどによく使われます。2tショート車の1.5倍くらい積めますのでね、なにかと使い勝手のよいサイズです。

3t車
そしてお次は3t車。
荷室の床面積は畳6帖くらい。高さは234cmくらいあります。でかいです。これはもう3〜4人分のご家財を積むにはちょうどいい感じ。

あ、↑に書いた弊社ホームページスマートフォンサイトのページをご覧頂ければ、それぞれの車両別に積み荷量の目安が書いてありますのでね、参考までに見てみてくださいね。

4t車
そして最後は4t車。
荷室の床面積は畳8.5帖くらい。一般のご家庭のお引越しで使うトラックでは一番大きいサイズですね〜。車両後部にはパワーゲートという、油圧式のリフトがついていますので、重量のあるご家財などもスムーズに積みこむことができます。

さ、それでは最後にトラックの大きさと道幅の関係についてご説明します。

よくあるのが、お運びするご家財の全体量は4t車一台分あるけれど、お家の前の道幅が狭くなっていて、2tショート車しか入れないというケース。こういう場合は2tショート車を複数台ご用意して、分けて積むんですね。
ここで道幅について目安を書きますと、以下のようになります。

・乗用車は通れず、軽自動車しか通れない
→赤帽車や軽トラックで通行可能
→駐留して作業する場合、他の車両や自転車・歩行者が通行できなくなる可能性大

・乗用車が一台ギリギリ通れるが、すれ違いはできない
→2tショート車で通行可能
→駐留して作業する場合、他の車両や自転車・歩行者が通行できなくなる可能性大

・乗用車は余裕を持って一台通れるが、すれ違うのはかなりギリギリな感じ
→駐留して作業する場合、軽自動車や自転車・歩行者は通行できるが、乗用車が通行することができなくなる可能性大

・乗用車が二台、すれ違うことができる
→3t車で通行可能
→駐留して作業する場合、乗用車までは通行することができるが、2t車クラスのトラックは通行できなくなる可能性が大

・乗用車が二台、十分余裕を持ってすれ違うことができる
→4t車で通行可能
→駐留して作業する場合、2t車クラスのトラックまでは通行することができるが、3t車以上のトラックは通行できなくなる可能性が大

ここで重要なのは、“通行可能”と“作業可能”の違いでして。。。
通行可能は文字通り、ただ通るだけのことで、お引越しの作業をするには作業可能な道幅が重要なんですね。上の青い文字で書いた通り、この辺の諸条件によって車両を選定する必要があるので、お引越し元やお引越し先の道幅などは予めお調べ頂いて、お見積りの際にお話頂けると、よりスムーズにご案内できることと思います。もちろん、通常は弊社で調べることも多いので、ご心配な方はどうぞお気軽にご相談くださいね。

ちなみにマンションなどで敷地内に車両を駐めるスペースが広くある場合でも、マンションの管理組合などの規定で引越しなどに使用できる車両を制限している場合もありますので、この辺は事前に管理組合や管理会社さんにご確認頂ければすぐにわかると思います。

わからないことはいつでもどこでもフリーダイヤルまでどうぞ!

0120-154-085
携帯からも通話無料!

JUGEMテーマ:引越し
ファミリア引越サービス | IT担当者のお仕事 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/2PAGES | >> |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--